旭川の歯医者さんでインプラント記事一覧

匂いを気にしていて、マウスウォッシュや歯みがきガムをよく利用している人は、歯垢を取り除く対策をまず先に開始してみましょう。あの不快な口の中のニオイがマシになると思います。継ぎ歯が色褪せてしまう要素に考えられることは、継ぎ歯の色自体が色褪せる、継ぎ歯の周りの歯が色あせてきたの2つの事が残念なことにあるのです。やっかいなプラークが蓄積しない内に、歯石の予防を毎日実施する事が、極めて大事なポイントです。...


むし歯は、むし歯の原因菌が歯をとかし出す速度に、歯を再び石灰化する働き(溶かされてしまった歯を前の状態まで戻す効力)の進度が負けてくると罹ります。歯科医師が自宅訪問する歯科診療のケースでは、医師による治療が一通り終わった後も口腔内をケアをしに、定期的に何回か担当の歯科衛生士が、お邪魔させていただくことがけっこうある可能性があります。数が少ない口腔外科というのは、歯槽膿漏、ムシ歯更には義歯等の処置だ...


長期間、歯を使い続けると、歯の表面を覆うエナメル質はちょっとずつ減ってしまって弱くなってしまうため、なかに存在する象牙質の色味がだんだん目立ち始めます。歯周組織を蘇らせるために、エムドゲイン治療の実施はものすごく効果的な手法なのですが、遺憾なことに、満点の再生作用を得る保障はありません。もしも差し歯の基礎が折れたら(歯根破折という状態)、非常に悔しいことに使用できない状態です。その、大半のケースで...


歯の表面を少しだけ削って白くするために研磨剤を入れたハミガキ剤は、少々マイナスの作用ですが、再び歯が石灰化することを促すのは良い効能となります。このところホワイトニングを受ける人が増えていますが、その時に用いられる薬剤が原因となって、凍みる感じのする知覚過敏を誘引する事が想定されます。乳歯は永久歯に比べ、歯の象牙質やエナメル質等の厚みが約半分程しかないのです。とりわけ歯を再び石灰化する機能も未熟な...


今時は歯の漂白を行う方が増大していますが、そうした時に利用する薬剤が原因で、歯が凍みる感じのする知覚過敏の徴候を起こす事があるのです。びっくりするかもしれませんが日本は予防における後進国と呼ばれており、欧米人より、実は日本人の歯の寿命が短くなっていっています。最もそれは歯の病気の予防に対して危機感が違うのだと思われます。プロによる歯のクリーニングというのは、歯周病の原因となる菌の広がるのを食い止め...


プラークコントロールという話を聞けば、毎日の歯のブラッシングを思い出す事が大部分を占めると見込んでいますが、ほかにもあらゆるプラークコントロールの仕方があるのです。上の歯と下のかみ合わせの垣根は、顎関節に痛みを伴う顎関節症の原因ではあるようですが、まだ他にも誘起科目がきっと居残るという見方が一般的になってきたそうです。歯列矯正の診療を行えば容姿に対するコンプレックスで、思い悩んでいる人物もはなやか...


本来の歯に似せて作られた歯の取り離しが試せるというのは、期日を重ねるにつれて歪みする口腔一部分と顎関節の体調に適応して、改善が施せるということです。通常のかみ合わせは、敢然と咀嚼する事で歯が摩耗し、個別の顎骨のフォルムや顎に適合した、自分だけのかみ合わせが完成します。歯のエナメルレベルに引っ付いた歯石と歯垢等の汚れを取り去ることを、一般的に保全と言いますが、その歯石や歯垢などは、不愉快虫歯の病理と...


インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。デンタルクリニック医によって...


当の本人でも知らない間に、歯には亀裂ができてしまっていると言ったことも予想されるので、ホワイトニング処理を受ける場合には、細部に至るまで診察してもらうことが大切です。慣れない入れ歯に対して思い描くマイナスのイメージや良くない固定概念は、自らの歯牙を使ったときの感じと対比させるがために、どんどん増幅していくためだと推量されます。口の臭いを和らげる作用がある飲みものに、コーヒーが知られていますが、あま...